Conceptマインズカンパニーのコンセプト

ホームオーディオ

始めに・・・

1959年3月2日/4月22日 NYで録音されたMILES DAVISの名盤「Kind of Blue」
当然の事ながら録音現場に立ち会う事も、また今日では同一メンバーでの生演奏を聴く事も残念ながら不可能です。
しかし…唯一、可能性に近づけるのはオーディオで再生することでしょう。
いかにしてその時の空気を感じ、人の気配を感じ、イマジネーション出来るか?限りないテーマです。

「MindsCompany」のご提案したいこと

「音楽のすばらしさを分かちあいたい」 この一言に尽きます。 たまたま遭遇したすばらしい演奏のコンサート、最高の出来映えのスタジオ録音、 何十年も前に録音された名曲・名盤。 残念ながらそれらの演奏は一度限りです。二度と同じ演奏はありません。 同じメンバーで、同じ曲を、同じ場所で演奏しても同じ感動が得られる保証はありません。 しかし幸いな事に、我々には「記録(録音)⇒再生」というすばらしい手法で、 その”感動” をいつでも再現できる可能性があります。 個人的なブランド「MindsCompany」でご提供したいこと、それは・・・ 「録音媒体(メディア)には沢山、想像以上のメッセージ・感動が詰まっています。 これらを再現する手段・手法をご提供したい」  それに尽きます。